「ヴィンテージワイン」の意味

「ヴィンテージワイン」について、皆さんはご存知でしょう。

ヴィンテージとはどういう意味かを、まずはみなさんはご存知でしょうか。

「ヴィンテージワイン」というのは、「ブドウの収穫年」という意味を表しています。

ワインを飲むときに、皆さんもラベルなどをみたことがあると思いますが、そのラベルに表示されている年号表記というのは、いつ、どの年に作られたワインかを表しているものになります。

ですから、たとえばそのラベルに「1990年」と書かれていた場合、1990年に収穫されたブドウで造られたワイン、ということになります。

どうしてこのような年代などが書かれているのでしょうか。

これには理由があります。

皆さんもご存知の通り、ワインのもとであるブドウというのは、自然の中で作られています。

ですから、その自然の中で作られるブドウというのは、その時々の気候であったり気温に大きく作柄が左右されます。

ですから、その年その年によって、同じワインでも味が大きく異なってくるのです。

同じ地域で作られたからといって、同じ年でなければ味が同じというわけではないのです。

そして、最も味がおいしく作られたワインの事を、「グレートヴィンテージ」「グッドヴィンテージ」などと呼ばれています。

このように呼ばれているワインの問いに作られたワインというのはおいしいと好評なのですね。

年によって、ワインの飲み比べをしてみるというのも「ヴィンテージワイン」の楽しみ方の1つです。

ヴィンテージワイン専門店 – シエル・エ・ヴァンでは、年代物のワインを多数取り扱っています。